So-net無料ブログ作成
検索選択

すべてはお客さまのために(能田茂・和順高雄) [その他]

これは
総合スーパー、ジャスコで知られるイオンの
創業250年を記念して制作された漫画です。

j.jpg
(表紙)

何かこう、
宮下あきら氏あたりに通じる本宮系の絵だな・・・と思っていたら
能田氏は本宮プロ出身で
本宮氏もこの漫画を監修していたのでした。

さて内容ですが
研修制度を利用してマレーシアからやって来た女子社員と
彼女の面倒を見ている中堅OLに
定年後再雇用で働くベテラン社員がイオンのDNAを語るというかたちで、
イオンの250年の歴史が描かれています。

j6.jpg
(主人公リーリャンと指導係の桃子)

ひとくちに250年と言っても
ジャスコそのものの歴史は40年ほどでして、
三社合併の中の一社で
最も歴史が古くジャスコでも経営の中心となっていった
岡田屋の歴史が三分の二ほどを占めています。

j2.jpg
(裏表紙。三社合併時の右からシロ・オカダヤ・フタギの社長)

長年ジャスコの顔だった現名誉会長の岡田卓也氏は
流通業を代表する一人でもあったため
自分が以前住んでいた東海地方のローカル経済新聞でも
伝記のような連載があったのですが、
そちらは失礼な言い方ながら
地元の岡田家に対するヨイショがきつすぎて
合併した他の二社についてはオマケ以下の扱いであり、
特にフタを開けてみたら財務状況が悪かったというシロについては
何ともひどい言いようでした。

j5.jpg
(明治期のエピソード)

しかしながら
この漫画はイオン自らが作っているからか
はたまた勝者の余裕なのかで
オカダヤ以外の二社についても丁寧に描かれており
(そもそもこの両社は合併時の社長が創業者で歴史が短い)
読んでいて好感が持てました。

j4.jpg
(ジャスコの顔・卓也氏と姉の千鶴子氏の話)

それぞれの章の最後には解説文がついており、
「バブルの荒波に巻き込まれなかったイオン」や
「多機能複合型ショッピングセンター」などについて
詳しい説明がされています。
自分も前々から
阪急ブレーブスは買ってくれなかったし
女子ハンドボールもあっさり手放すしケチだなぁ・・・とは思っていましたが(おい)
花博の事故がそういった派手な投資をやめるきっかけだったと知って
なるほどと思わされました。

j3.jpg
(これはトップバリュの解説)

そもそもイオンや流通業に興味が無ければ
面白くも何ともないと思われるからか、
この漫画は関係者むけや株主総会などで配られただけで
(ちなみに海外の進出先でも訳して配布しているとか)
たまにネットで売られているものを買うくらいしか
入手方法はありません。

ただ
イオンゴールドカードやオーナーズカード(株主カード)を
持っている方ならば
大型店舗(含マックスバリュ)にあるイオンラウンジ(無料休憩所)に
大抵数冊は備え付けられているので、
そちらで読むことができます。

※画像は(c)AEON
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。