So-net無料ブログ作成

おにいさまへ・・・(池田理代子) [集英社]

『ベルばら』の池田氏による中編で
NHKにて(出崎・杉野のゴールデンコンビで)アニメ化もされていることから
今更自分が語ることもないような作品ではありますが、
コミックスはおろか
レーザーディスクソフトまで買ってしまった
(再生機が壊れて今は観られない・・・涙)くらい
好きな作品なので少々お付き合い下さい。

お話としては
中高一貫の名門女子校の高等部に入学した主人公、奈々子が
全校生あこがれの存在である
特権階級クラブ的組織・ソロリティの一員に選ばれ
複雑な人間関係や学校を揺るがす騒動のただ中に
身を置くことになるというもので、
中高一貫の男子校に高校から入った人としては
肩身の狭さあたりは共感を覚えたりもしましたが
なにしろ男子校ですしハイソでも無かったので(笑)
違う世界の出来事のように楽しめました。

なおこの作品の主人公は奈々子ですけれど、
奈々子自体が平凡なかわいらしさを持つ人物だけに
彼女以上のインパクトを持つ登場人物は何人もおりまして、
個人的に気に入ったのが同級生のマリ子でした。

oni.jpg
(黒髪がマリ子でもう一人が奈々子・・・最初のマーガレット版単行本より)

彼女の行動を追っていると
これって百合漫画のはしりだったのかも・・・などと
一瞬思ってしまうのですが、
読んでいると現在のそれらとは決定的に違うことに気付きます。

oni2.jpg
(黒髪の男性がタイトルにある「おにいさま」。もう一人はソロリティ会長の兄)

マリ子の男嫌いは
父親がポルノ作家であることや
その父親の女性関係からくる嫌悪感によるもので、
女性の方が好きという嗜好ではありませんでした。
この作品には他にも
女生徒たちの人気を集める女学生が何人もおりますが、
それらも
歌劇団の男役にあこがれるようなものであり、
今の百合漫画とは
一線を画していたのでした。

(c)池田理代子・集英社


おにいさまへ… 1 (中公文庫 コミック版 い 1-43)

おにいさまへ… 1 (中公文庫 コミック版 い 1-43)

  • 作者: 池田 理代子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 文庫



おにいさまへ…DVD-BOX1

おにいさまへ…DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ケン

こんにちは。
最近はこちらのブログも拝読しております。

少女漫画系はまるっきり疎くて、この作品も知りませんでしたが、
マリ子の大演説はかなり気に入りました。
「おぞましい種まき本能」って……(笑)。
池田先生、この頃苦労してたのかな?

百合漫画は好きですけど、あれはファンタジーですよね。
女の子は、普通に男が好きなものです。
しかも大抵、単純に見た目で選ぶ(笑)。
……ということが、最近ようやく分ってきました(´・ω・`)
by ケン (2010-11-07 10:10) 

どらお

ケンさん、こんにちは。
コソコソ営業のこちらも読んでいただき、
加えて初コメントまでありがとうございます。

キャラが立ちすぎな登場人物ばかりの作品の中で
格別エキセントリックな性格と言われがちなマリ子ですが、
この本音さ加減がたまらなく好ましいです。
百合関係は自分もゲームとか喜んで遊んでますけど
仰るとおりファンタジーなんでしょうね。
親しい女の子同士だと話し方がガサツになることも多そうですし。
見た目で選ぶのはまあお互い様なんでしょうが
・・・なんだか世知辛いです(涙)。
by どらお (2010-11-07 16:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。