So-net無料ブログ作成
検索選択

ロン先生の虫眼鏡(光瀬龍・加藤唯史) [秋田書店]

大低迷期を抜けて
復調気配の週刊少年チャンピオン。
一時は天下に近づいた(取った?)事もありました。

『ドカベン』『ブラックジャック』『マカロニほうれん荘』『がきデカ』と
漫画史に残る作品が揃って連載されていた時期があったのです。

脇を固める作品群も
『エコエコアザラク』『750ライダー』『ゆうひが丘の総理大臣』
当時自分のお目当てだった柳沢きみお氏の出世作『月とスッポン』など
実に豪勢で(一部連載時期が前後していたらスイマセン)
それらに比べると地味ながら
縁の下の力持ち的にチャンピオンを支える作品、
本作や『レース鳩0777』などがさらに続いて
読み飛ばすところがほとんど無いという黄金時代を築いていたのでした。

そんな中でも
(『がきデカ』あたりがPTAに睨まれていたこともあって)
チャンピオンの良心と言われていたのがこの作品です。

ron0.jpg

SF作家として知られる光瀬氏の原作を元にした
氏の分身であるロン(龍)先生が生物のあれこれを語る漫画で、
後に隆盛を極める学研のひみつシリーズにも通じる
面白くてためになる内容は
今読んでも楽しいです。

漫画版ではオリジナルキャラが加わって
一回完結のストーリー仕立てになっているのですが、
主人公的存在の悪ガキ・元太と
うんと年上(たぶん高校生)の洋子ちゃんが
いい掛け合いをしながら進行していくので、
原作とはまた違った面白さがありました。

ron.jpg

そういえば
チャンピオン40周年記念で
過去の人気作品を新たに読み切りで掲載という企画があり、
(『月とスッポン』は大変な事になってましたが・・・)
それらをまとめて『週刊少年チャンピオン40th』として発売もされました。
けれど
光瀬氏が亡くなっていることもあってか
本作の新作は残念ながら読むことはできませんでした。

あと余談ですが
作画の加藤氏は『ザ・シェフ』というヒット作も
後に手がけているのですけれど
最近までロン先生の方だとは全く気付いていませんでした(汗)。

(c)光瀬・加藤・秋田書店


ロン先生の虫眼鏡 (1) (秋田文庫)

ロン先生の虫眼鏡 (1) (秋田文庫)

  • 作者: 光瀬 竜
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 4

manken99

 どうも初めまして。過去履歴を一通り拝見した上で、一番コメントし易そうなこの作品から書き込みさせて頂きたいと思います。
 多くの自然が残る海辺の田舎町という設定に郷愁を感じさせる、とても懐かしい作品ですね。当時に比べ、確実に身近な自然が減ってきている現在こそ、こうした「身近な自然や生き物との関わり(特に昆虫)」について楽しみながら勉強になる様な作品の必要性が高まっている様に思うのですが、現在に限らず「ロン先生」以降この手の作品が殆ど登場していない事には、残念さを感じずには居られません。
 近年の作品では唯一「ベクター・ケースファイル」という作品に、「ロン先生」に通じる物を感じたのですが、子供向けの作品ではない点が少々残念に思われました。
by manken99 (2011-02-18 22:25) 

どらお

manken99さん、はじめまして。
ゲームクエストでハンドルネームが漢字だった頃から存じ上げております。
先日アーカイブサルベージをしていて
漫研さんの『どき魔女』感想を見つけ、
確かにSNKってアテナの頃から狙った作品やキャラが数知れないなと
頷いておりました。

それから
わざわざ履歴まで見ていただき、
コメント共々ありがとうございます。
自分の場合は昆虫の漫画というと
手塚御大の『ミクロイドS』がまず思い浮かぶ訳ですけれど、
紹介されたタイトルを調べてみて
こういう切り口の作品もあったのか・・・と新鮮に感じました。

少子化やネットの影響で商売にならないからとはいえ、
学研の『科学・学習』や小学館の『X年生』などなど
子供向けの良心的な漫画を生む土壌がどんどん減っていく事には
心を痛めております。
by どらお (2011-02-19 18:05) 

manken99

 どらおさん、有難うございます。私の事を詳しく覚えていて下さって嬉しいです。私もどらおさん(フーテンのドラ息子さん)の感想はよく覚えていますよ。WiiやDSを中心に、ちょっと変わったコンセプトの物や、新しい視点でのゲームを題材に選ばれる事が多かった様に記憶しています。一度「風来のシレン」の感想を「風来のドラ息子」名義で投稿しておられた事があった様な?
 ところで「どき魔女」のコミック版は、「ベクター・ケースファイル」と同じ「チャンピオンRED」で連載されていました。チャンピオン系列であんな萌え系の雑誌が発行されている、今という時代にビックリです。
by manken99 (2011-02-20 19:04) 

どらお

manken99さん、こんばんは。
再度のコメントありがとうございます。
いえいえ、こちらこそソフトの傾向(まさにその通りです)や
担当さんにスルーされた「風来」まで覚えていただいているなんて
うれしいやら恐縮するやらであります。

大昔からチャンピオンを読んでいた自分としては
萌どころかロリータなんて言葉も一般的じゃない頃から秋田書店は
吾妻ひでおや内山亜紀両氏に連載させていたという記憶があるため
「どき魔女」の事を聞いても
ああ、なるほど・・・などと思ってしまうのですが
たぶん少数派だと思います(汗)。
by どらお (2011-02-21 21:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。