So-net無料ブログ作成

おれとカネやん(梶原一騎・古城武司) [少年画報社]

祝・ロッテ優勝。
というわけで今回は梶原スポ根漫画の中でもあまり知られていない
『おれとカネやん』です。

タイトルにあるように
カネやんこと四百勝投手の金田正一がもう一人の主役であり、
彼がスーパールーキー長嶋(茂雄)との初対戦を4三振でねじ伏せた
その日に誕生した主人公、
勝三四郎(金田の背番号34から命名)が
アマチュアで活躍し金田監督率いるロッテに入団して・・・
という物語です。

ore4.jpg
(画像は復刻完全版1・2・8巻より)

貧しい家で父が土木系肉体労働に従事というあたりは
『巨人の星』と似たような設定なのですけれど、
少年時代は展開がずいぶん違っていて面白いです。
まずミスタージャガーこと山崎裕之。
大人に混じって草野球をしていた三四郎の前に
いきなり立ちふさがってくるのが
実在の選手というのにしびれました。

ore3.jpg
(グラサンかけてやってます・・・山崎)

それから
小中学校で相棒になる赤沢の初登場時が実に腹黒く、
悔い改めて一番の相棒になるまでの展開は実にスリリングでした。

ore5.jpg
(的当て練習のターゲットの位置をずらしてビーンボールを誘うというねちっこい作戦)

が、
高校に入ってからは
言っちゃ悪いですが『巨人の星』の焼き直し
(プラス子供応援団あたりは『あしたのジョー』)
みたいになってしまい、
まあ原作者が同一人物なのでそういう問題は無いにしても
この間に何かが起こったのかと思わせるものがありました。
先に挙げた
名キャラクター赤沢も
別の学校に行って一応はライバルになるものの、
見せ場も少なくあっさり(この漫画から)退場してしまい
新たな相棒は伴宙太そのまんまで
テンションが急降下してしまったのでした。

そして
念願のロッテオリオンズ入りを果たした後も
なぜか期待された山崎とのエピソード(再会して云々とか)は無く
面白いのはカネやん(と弟・留広)の話ばかりで
三四郎絡みで面白いのはアイドルをめぐっての三角関係くらいという体たらく。
オレと「カネやん」だからそれでもいいのかなぁ?・・・という展開でした。

ore6.jpg
(これが元祖ロッテ=中日の日本シリーズ!中日の監督はウォーリーこと与那嶺要)

阪急と近鉄を応援していたパリーグ好きとしては
西本監督や上田監督、野村選手兼監督などが登場していたので
そういう部分だけでも楽しめたんですけどね。

ore.jpg
(上さんとノムさん)

終盤になって何と三四郎がロッテから放出され
近鉄バファローズに入団、
そしてカネやん率いるロッテと対決という流れには
なかなか興奮させられましたが
対決を終えて放出の真意を知ったところで
終了してしまったのでした。
この辺りは現実のペナントレースに連動していることが
逆に足かせとなってしまったのかも知れません。

ore2.jpg
(元祖甲子園のアイドル太田コーちゃんと走る三四郎を見守る西本さん)

という訳で
名作とまではいかなかった惜しい作品ではありますが、
往年のパ・リーグファンやプロ野球全体を愛する人ならば
じゅうぶん楽しめると思います。
なお
連載当時は単行本が最後まで出なかったという本作も
後の復刻版では完結まで収録されております。

(文中敬称略)

(c)梶原・古城・金田・少年画報社・マンガショップ


おれとカネやん〔完全版〕【1】悪童の章 (マンガショップシリーズ (119))

おれとカネやん〔完全版〕【1】悪童の章 (マンガショップシリーズ (119))

  • 作者: 梶原一騎
  • 出版社/メーカー: マンガショップ
  • 発売日: 2006/09/22
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

わい

「おれとカネやん」
ありましたね。
何か、あの時代にありがちなスポ根マンガが。
貧しい家庭に生まれ育った少年が野球を通じて成長していく。
ライバルや憧れの女の子、応援してくれる仲間(この場合、子ども達)。
インハイギリギリの球を練習するのに畳に目印をつけて、また、悪いやつが目印をずらして死球させるように仕組む。(ここリアルタイムで読みました)
あーっ、陰険。
キング連載で梶原さん原作とは知りませんでした。
「侍ジャイアンツ」こないだまで京阪神で地上波で放送していまして(ン十年振りに)
「「巨人の星」の二番煎じやんか。」
でしたが、魔球開発のオンパレードは昭和世代には燃えるものがありました。
あーっ、自然借力法やってみたい。
by わい (2015-11-06 17:03) 

どらお

わいさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
同じ人が原作なのである程度似るのは仕方ないにしても、
途中からの「巨人の星」まんま焼き直し展開は辛かったです。
中学編は結構好きなんですけど・・・。
それにしてもアニメ版「侍ジャイアンツ」懐かしいです。
結構な頻度で再放送が繰り返されてた頃に
京阪神で育ったため、
分身魔球やエビ投げハイジャンプなんてのを
ピンポン野球でよく真似してました。
原作と全然違う最後も良かったなぁ~。
by どらお (2015-11-07 20:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。