So-net無料ブログ作成

かっちぇる(かわくぼ香織) [講談社]

長崎を舞台にした、
背が高いだけがバレー向きで
自分に自信を持てない女子高生が
廃部になっていたバレーボール部を再興するというお話です。

と言ってもスポ根的要素は極めて少なく、
主人公と入部してくる友達との交流が
穏やかに描かれています。
ちなみに
部員の中にオタッキーな眼鏡娘がいるのですが
作者の嗜好が垣間見える発言が多いです。

ただそのネタがほとんど分かってしまう自分も
大概なオタッキーだと再認識しました(汗)。

なお
3巻くらいから絵が上達してきて
桂正和プラス江川達也÷2みたいな画風になりつつあるので、
可愛いけど少々あざとい感じなのが痛し痒しでした。

最終巻の6巻はずいぶんと駆け足で
もうちょっと続いて欲しかったようにも思うのですけれど、
その中でちゃんと後日談まで描かれているので
納得のいく終わり方にはなっています。

打ち切り的終了だと
やけになったような終わり方をする漫画家も多い中、
本作のかわくぼ氏は
読者のことをよく考えていたんだなと思います。

それから
本作の主人公のようなタイプって
大抵の作品ではだんだん成長していくのですけれど、
この杉山さんの成長は
まさに亀の如くでして、
その辺りも特筆すべきかと思われます。


爽やかな青春ものをお探しの方はどうぞ。

(全6巻)


かっちぇる 1 (月刊マガジンコミックス)

かっちぇる 1 (月刊マガジンコミックス)

  • 作者: かわくぼ 香織
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/06/17
  • メディア: コミック



タグ:かっちぇる
nice!(0)  コメント(0) 

その後のゲゲゲの鬼太郎(水木しげる) [扶桑社]

現在でもアニメが好評放映中のゲゲゲの鬼太郎ですが、
夢子編(第三期)くらいから見ている方だと、
原作漫画を読むとびっくりされるかも知れません。

先日放送が終わった墓場鬼太郎のような
残酷でシュールかつユーモラスな話が多く、
颯爽と武器を使い仲間と一致団結して
悪い妖怪と戦うのは少年漫画誌連載分くらいだったりします。

本作はその中でもさらに異色というか異端であり、
アダルト&脱力的世界観が繰り広げられています。

中でも
本作もレギュラー出演のねずみ男が
猫娘と最後の決着をつける話などは
ダークな面白さがありました。

ある意味イメージが違ってしまうような作品ですけれど、
鬼太郎人気に乗じて再販して欲しいと思っております。

sonogo.jpg

その後のゲゲゲの鬼太郎 (1) (扶桑社文庫)

その後のゲゲゲの鬼太郎 (1) (扶桑社文庫)

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 1995/05
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。