So-net無料ブログ作成
検索選択
小学館 ブログトップ

いついたるねん(オガツカヅオ) [小学館]

※2006-07-28のエントリ(消去済み)に画像をプラスして加筆、修正したものです

子供の頃から霊感が強く
普通の人には見えない霊が見えてしまう若い主婦と
成仏できずに(のちに成仏しても)現世にとどまる
関西弁の少女の霊が、
新たな成仏できない霊たちと出会い
関わらないつもりが大きく関わってしまう・・・という
短編連作集です。

itu.jpg
(別冊ゴルゴ13No.140より)

悲しい霊が多く
暗くなりがちな展開にもかかわらず、
明るく元気な少女の霊と主人公の優しさが相まって
読後感は良かったです。

itu2.jpg

後の作品を見てもホラー作家という感の強いオガツ氏ですけれど、
本作はホラーにプラスされたユーモアや情のバランスが良く
誰にでも勧められる漫画になっていたように思います。

itu3.jpg

そもそも掲載誌のビッグコミック増刊は
岡崎二郎氏や高瀬理恵氏の作品目当てで買っていたのですが、
途中からは本作が一番の楽しみになっていました。

別冊ゴルゴ13にも載ったりしたので
単行本に出来る分量はあると思います。
が、
残念ながら
いまだ単行本化されておりません。

itu4.jpg

ただ、
オガツ氏の作品は
ここのところ朝日新聞出版の『ネムキ』『シンカン』で掲載されているので
そちらからの『いついたるねん』単行本化も少し期待しております。

画像は(c)小学館・オガツカヅオ


眠れぬ夜の奇妙な話コミックス りんたとさじ (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス りんたとさじ (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

  • 作者: オガツ カヅオ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2009/10/07
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

クールガイ 孤高の芦毛馬(KEN-G) [小学館]

現在も行われている小学館新人コミック大賞

その第52回一般部門入選作品です。

1 002.jpg

今では青年部門に統合されてしまったため
ビッグコミックと同オリジナルしか読んでいない自分としては
受賞作の扱いが
どのようになっているのか分かりませんが、
当時の受賞作は
本誌・増刊・別冊ゴルゴ13のいずれかに掲載される事になっており、
この作品は別冊ゴルゴに載ったのでした。

1 003.jpg

お話としては
良血で素質もありながら故障つづきでデビューもできない競走馬が
引退(廃用)前にデビューだけはさせてやりたいというオーナーの意向で
お気に入りの女性騎手によってレースに出るという内容でして、
新味はあまりないものの
ほんわかした絵柄と優しいストーリーが好もしい作品でした。

1 004.jpg

作者をそれから見かけないなと思っていたら
上鹿渡健二名義(小学館のデータベースもこの名前になっている)で
『東京不動産キッズ』という作品をアフタヌーン誌にて連載されていたようです。


同賞ではこのクールガイの少し前に『岳』の石塚氏、
直後に『深夜食堂』の安部氏が大賞を受賞しており、
その後を見るに付け
大賞と入選・佳作の間にある差みたいなものを感じずにはいられませんでした。

ただ本作の場合
ゴルゴファンか移動中のサラリーマンかというくらいターゲットの狭い
別冊ゴルゴ13が掲載誌だった事もアンラッキーだったように思います。

※画像は(c)小学館・KEN-G
タグ:クールガイ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

プラスわんっ!(菊田洋之) [小学館]

アニメ化もされた体操漫画「ガンバ!Fly High」の菊田氏による
愛犬しつけ漫画です。

営利主義のペットしつけ教室に反発して飛び出した
A級トレーナーである主人公、
泉名結子が家族経営のしつけ教室にて住み込みで働く事になり、
しつけを依頼された愛犬と悩みを抱える飼い主を相手に
持ち前の明るさや前向きさ、おせっかいさで
問題を解決していくという話です。

天真爛漫な結子は元より、
犬達も特徴が上手くとらえられていて非常に可愛いです。

ストーリーは季刊のビッグコミックオリジナル別冊が連載誌なので
基本的に単発なのですけど、
結子の実家の話やしつけ教室の守田家のエピソードが端々で盛り込まれ
話に厚みを与えています。
もちろん犬のしつけに関する情報もためになります。

たまにオリジナル本誌にも載るので
飛び飛びには読んでいたのですが、
単行本発売でようやく通しで読むことが出来ました。



プラスわんっ! 1 (ビッグコミックス)

プラスわんっ! 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 菊田 洋之
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/11/30
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

華中華(西 ゆうじ・ひきの真二) [小学館]

ドラマにもなった「ビッグウイング」のヒットで知られる
ひきの真二氏の作品です。

原作が良いと力を発揮するタイプの漫画家で
「やぶ医者のつぶやき」あたりも面白かったのですが、
本作は残念ながら、それらの域には達していません。

地方から横浜中華街に修行に来た女の子を描いた作品で、
主人公の華は
ひきの氏の作品らしく、
前向きで穏やかな良い子なのですが・・・。

何故かと考えるに、
バイプレイヤー、特に悪役の人物が薄っぺらいため
物語に厚みが無く、
話も軽い人情話っぽくなりがちだからだという結論に至りました。

次号から本誌に移るようですが
短命に終わらないことを祈ります。

(追記3/4)

本誌に移って不満点は随分改善されました。
先輩の三人組は相変わらずアホですが・・・


華中華 1 (ビッグコミックス)

華中華 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 西 ゆうじ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/03/30
  • メディア: コミック



タグ:華中華
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

過去への旅人(山田貴敏) [小学館]

ビッグコミックオリジナルにて
不定期連載されていた作品で、
探偵業を営む主人公の原(脱サラしたおじさん)が
依頼者の過去の秘密に迫るという
一話完結式の作品でした。
タイトルからSFかと思いそうですけれど
推理ものに近いです。


探偵としての営業はサッパリながらも
鋭敏な推理力や洞察力で
依頼人の過去に近づいていくという話は面白く、
しっかりものの娘をはじめ
全体に漂う暖かさも好きだったのですが、
数年前に連載がストップしてしまいました。

「Dr.コトー」が大ヒットした現在では
続編も期待薄ですけれど、
増刊などに戻ってくることを期待しております。

※追記
コトーがオリジナル本誌に来るとは
さすがに予想外でした。

1.jpg
(懸賞テレカ)


過去への旅人 1 (ビッグコミックス)

過去への旅人 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 山田 貴敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1998/03
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

NEKO2[ネコネコ](岡崎二郎) [小学館]

岡崎二郎氏の
単行本になった漫画は全て読んでいますが
一番好きなのは本作だったりします。

赤ん坊の頃から飼い猫に育てられていたために
猫語を解するようになった女の子を主人公に、
周囲の飼い猫たちや野良猫たちとの交流を
岡崎流のSF(少し不思議)路線で描いた作品です。

ビッグコミックでも本誌ではなく
増刊の方に載る事が多かったからか
岡崎氏の他の作品に比べて知名度は劣りますが
面白い作品ですよ。


NEKO2(ネコネコ) 1 (ビッグコミックス)

NEKO2(ネコネコ) 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 岡崎 二郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1998/02
  • メディア: コミック



タグ:NEKO2
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

岳 みんなの山(石塚真一) [小学館]

現在も連載中の登山をテーマとした作品です。

主人公は相当な実力を持つ登山家・三歩で
警察の救助活動を手伝う事による人間ドラマを中心に描かれています。

なので
映画のような派手な演出は無く
滑落シーンやドラマチックな救出劇などとは無縁ですけれど、
それが逆にリアリティーを醸し出しているように思えます。

という訳で悲劇的な結末の方が多い本作ですが
それだからこそ、
木訥な好青年である三歩の一言や行動が胸に染みていくのです。

ヒロイン的存在の婦警が存在感が薄くて物足りないですけれど、
現在連載中の作品で最も楽しみな漫画です。

(追記3/4/2008)
予想を遙かに超える人気作になって
嬉しいような寂しいような心境ですが、
本誌に移ってもクオリティが維持されており
毎号楽しみです。
上記の婦警さんも随分人間味が出てきて良いキャラクターになってきました。
今後民放や映画で安っぽく実写化されない事を祈ります。


岳 (1) (ビッグコミックス)

岳 (1) (ビッグコミックス)

  • 作者: 石塚 真一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/04/26
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

歩武の駒(村川和宏) [小学館]

ジャンプで「ヒカルの碁」が囲碁ブームを起こした頃、
サンデーにて連載が始まった将棋マンガです。

幼なじみと対局の約束をしていた少年が
紆余曲折の末に奨励会(プロ予備軍)に入り
プロを目指すという話でして、
脇役も訳ありな女の子とか
なかなか面白くなりそうな雰囲気だったのですが
何故か途中で外国人キャラが登場して脇道に逸れてしまい、
そのうち人気も落ちてきたのか
最後は打ち切りっぽい駆け足で終わりました。

正直、
どんな人気作であろうとも
(一部の例外はあるにしろ)
サイドストーリーは大して面白くありません。
脇道に逸れるくらいなら
本筋を粗方描いてからにして欲しかったです。


歩武の駒 1 (少年サンデーコミックス)

歩武の駒 1 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 村川 和宏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: コミック



タグ:歩武の駒
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

公家侍秘録(高瀬理恵) [小学館]

時代物を描かせると抜群に上手い高瀬氏の作品で
公家の家宝(本作では刀)を守る侍というマイナーな存在を描いています。
ちなみにこの侍、
普段は住み込みの下働きのように主と暮らしています。

なお、
主人公の守武は
作者の前作『首斬り門人帳』の最終話にも出ているのですが
作品間のつながりは今の所ありません。
話としては
守武と雇い主の貧乏公家親娘3人の周りで起こる事件が
1話から2話完結でつながっていく体裁なのです。
ただ
増刊だけで連載していた頃に比べ
後の巻に行くほどノリが軽くなっているのが気がかりです。
本誌での前後編掲載など扱いが良くなるにつれて
内容が薄くなっているような・・・。

その中でも、
個人的に贔屓であるおきゃんな姫(薫)が
最近では単なる食い意地の張った
がさつな娘になっているのが悲しいです。
と言いつつ、
不定期連載なので新作が載ると嬉しいのですけど。

※追記
ある意味スピンオフ作品である本作ですが
本作の準レギュラー、
斎之介を主人公にしたスピンオフのスピンオフ的作品
『表具屋夫婦事件帖』も
単行本になっております。


公家侍秘録 1 (ビッグコミックス)

公家侍秘録 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 高瀬 理恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: コミック



タグ:公家侍秘録
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
小学館 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。