So-net無料ブログ作成
検索選択
秋田書店 ブログトップ

ロン先生の虫眼鏡(光瀬龍・加藤唯史) [秋田書店]

大低迷期を抜けて
復調気配の週刊少年チャンピオン。
一時は天下に近づいた(取った?)事もありました。

『ドカベン』『ブラックジャック』『マカロニほうれん荘』『がきデカ』と
漫画史に残る作品が揃って連載されていた時期があったのです。

脇を固める作品群も
『エコエコアザラク』『750ライダー』『ゆうひが丘の総理大臣』
当時自分のお目当てだった柳沢きみお氏の出世作『月とスッポン』など
実に豪勢で(一部連載時期が前後していたらスイマセン)
それらに比べると地味ながら
縁の下の力持ち的にチャンピオンを支える作品、
本作や『レース鳩0777』などがさらに続いて
読み飛ばすところがほとんど無いという黄金時代を築いていたのでした。

そんな中でも
(『がきデカ』あたりがPTAに睨まれていたこともあって)
チャンピオンの良心と言われていたのがこの作品です。

ron0.jpg

SF作家として知られる光瀬氏の原作を元にした
氏の分身であるロン(龍)先生が生物のあれこれを語る漫画で、
後に隆盛を極める学研のひみつシリーズにも通じる
面白くてためになる内容は
今読んでも楽しいです。

漫画版ではオリジナルキャラが加わって
一回完結のストーリー仕立てになっているのですが、
主人公的存在の悪ガキ・元太と
うんと年上(たぶん高校生)の洋子ちゃんが
いい掛け合いをしながら進行していくので、
原作とはまた違った面白さがありました。

ron.jpg

そういえば
チャンピオン40周年記念で
過去の人気作品を新たに読み切りで掲載という企画があり、
(『月とスッポン』は大変な事になってましたが・・・)
それらをまとめて『週刊少年チャンピオン40th』として発売もされました。
けれど
光瀬氏が亡くなっていることもあってか
本作の新作は残念ながら読むことはできませんでした。

あと余談ですが
作画の加藤氏は『ザ・シェフ』というヒット作も
後に手がけているのですけれど
最近までロン先生の方だとは全く気付いていませんでした(汗)。

(c)光瀬・加藤・秋田書店


ロン先生の虫眼鏡 (1) (秋田文庫)

ロン先生の虫眼鏡 (1) (秋田文庫)

  • 作者: 光瀬 竜
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:コミック

009ノ1(石森章太郎) [秋田書店]

氏の青年漫画進出初期の作品で
最近になってアニメ化もされました。

少年の頃009が好きだった自分は、
古書店で見つけた本作を
(ビニールがかかっていて確認できず)
009の続編と思って買った苦い思い出があります(汗)

よくよくタイトルを見ていただければ分かると思いますが
00くのいち(正式名称はゼロゼロナインワン)なんです。
なので
近未来のサイボーグ化された女スパイの話だったりします。
009の大人向け版という位置づけもされているとか。
ちなみに、ほんのチョイ役で
00ナンバーサイボーグそっくりのキャラが出ています(1ページほど)。

非常に性描写が多く
ちゃんとアニメ化されるのか疑わしいのですが、
今になって考えると、
性交渉の敷居の下がり具合とか
時代を先取りしている部分も多かったです。


009ノ1 1 (秋田コミックスセレクト)

009ノ1 1 (秋田コミックスセレクト)

  • 作者: 石森 章太郎
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1985/07
  • メディア: 単行本



009-1 ゼロゼロナインワン vol.3 [DVD]

009-1 ゼロゼロナインワン vol.3 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD



タグ:009ノ1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

大介ゴール!(馬場民雄) [秋田書店]

週刊少年チャンピオンに連載されていたサッカー漫画です。

非凡な選手でありながら
中学時代の無理がたたって足を痛めた主人公が
サッカーへの思いを捨てきれずにマネージャーとなり、
リハビリを進めるうちに少しずつプレイできるようになっていく・・・というお話です。
副主人公的存在の野性味あふれるストライカーとのコンビで
弱小チームが強くなっていく感じでした。

ちなみにヒロインは副主人公のガールフレンドで
主人公とはそういう感情ゼロという間柄です。

フランスW杯の頃に連載され、
作者がサッカーをよく知っている上に画力もある方(これ重要)で
内容も面白かったのですが、
中途半端なところで終わってしまいました。
寄り道せずに早めにライバルと絡ませて盛り上げていればと思います。

それでも8巻まで行っていたので、
そつなく進めていたら
20巻は行ったんじゃないかと惜しまれます。

本作の後、
小学生がジェフ市原のトップチームで活躍する
『やんちゃVゴール』という作品を
月刊チャンピオンに連載していましたが、
これも2巻で終わり(涙)、
現在はラーメン漫画で新境地を開いているようです。

女の子もあざとくない程度に可愛くて良い感じでした

dg.jpg

大介ゴール 1 (少年チャンピオン・コミックス)

大介ゴール 1 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: 馬場 民雄
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1997/10
  • メディア: コミック



タグ:大介ゴール
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
秋田書店 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。