So-net無料ブログ作成

いついたるねん(オガツカヅオ) [小学館]

※2006-07-28のエントリ(消去済み)に画像をプラスして加筆、修正したものです

子供の頃から霊感が強く
普通の人には見えない霊が見えてしまう若い主婦と
成仏できずに(のちに成仏しても)現世にとどまる
関西弁の少女の霊が、
新たな成仏できない霊たちと出会い
関わらないつもりが大きく関わってしまう・・・という
短編連作集です。

itu.jpg
(別冊ゴルゴ13No.140より)

悲しい霊が多く
暗くなりがちな展開にもかかわらず、
明るく元気な少女の霊と主人公の優しさが相まって
読後感は良かったです。

itu2.jpg

後の作品を見てもホラー作家という感の強いオガツ氏ですけれど、
本作はホラーにプラスされたユーモアや情のバランスが良く
誰にでも勧められる漫画になっていたように思います。

itu3.jpg

そもそも掲載誌のビッグコミック増刊は
岡崎二郎氏や高瀬理恵氏の作品目当てで買っていたのですが、
途中からは本作が一番の楽しみになっていました。

別冊ゴルゴ13にも載ったりしたので
単行本に出来る分量はあると思います。
が、
残念ながら
いまだ単行本化されておりません。

itu4.jpg

ただ、
オガツ氏の作品は
ここのところ朝日新聞出版の『ネムキ』『シンカン』で掲載されているので
そちらからの『いついたるねん』単行本化も少し期待しております。

画像は(c)小学館・オガツカヅオ


眠れぬ夜の奇妙な話コミックス りんたとさじ (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス りんたとさじ (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

  • 作者: オガツ カヅオ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2009/10/07
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

クールガイ 孤高の芦毛馬(KEN-G) [小学館]

現在も行われている小学館新人コミック大賞

その第52回一般部門入選作品です。

1 002.jpg

今では青年部門に統合されてしまったため
ビッグコミックと同オリジナルしか読んでいない自分としては
受賞作の扱いが
どのようになっているのか分かりませんが、
当時の受賞作は
本誌・増刊・別冊ゴルゴ13のいずれかに掲載される事になっており、
この作品は別冊ゴルゴに載ったのでした。

1 003.jpg

お話としては
良血で素質もありながら故障つづきでデビューもできない競走馬が
引退(廃用)前にデビューだけはさせてやりたいというオーナーの意向で
お気に入りの女性騎手によってレースに出るという内容でして、
新味はあまりないものの
ほんわかした絵柄と優しいストーリーが好もしい作品でした。

1 004.jpg

作者をそれから見かけないなと思っていたら
上鹿渡健二名義(小学館のデータベースもこの名前になっている)で
『東京不動産キッズ』という作品をアフタヌーン誌にて連載されていたようです。


同賞ではこのクールガイの少し前に『岳』の石塚氏、
直後に『深夜食堂』の安部氏が大賞を受賞しており、
その後を見るに付け
大賞と入選・佳作の間にある差みたいなものを感じずにはいられませんでした。

ただ本作の場合
ゴルゴファンか移動中のサラリーマンかというくらいターゲットの狭い
別冊ゴルゴ13が掲載誌だった事もアンラッキーだったように思います。

※画像は(c)小学館・KEN-G
タグ:クールガイ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

かっちぇる(かわくぼ香織) [講談社]

長崎を舞台にした、
背が高いだけがバレー向きで
自分に自信を持てない女子高生が
廃部になっていたバレーボール部を再興するというお話です。

と言ってもスポ根的要素は極めて少なく、
主人公と入部してくる友達との交流が
穏やかに描かれています。
ちなみに
部員の中にオタッキーな眼鏡娘がいるのですが
作者の嗜好が垣間見える発言が多いです。

ただそのネタがほとんど分かってしまう自分も
大概なオタッキーだと再認識しました(汗)。

なお
3巻くらいから絵が上達してきて
桂正和プラス江川達也÷2みたいな画風になりつつあるので、
可愛いけど少々あざとい感じなのが痛し痒しでした。

最終巻の6巻はずいぶんと駆け足で
もうちょっと続いて欲しかったようにも思うのですけれど、
その中でちゃんと後日談まで描かれているので
納得のいく終わり方にはなっています。

打ち切り的終了だと
やけになったような終わり方をする漫画家も多い中、
本作のかわくぼ氏は
読者のことをよく考えていたんだなと思います。

それから
本作の主人公のようなタイプって
大抵の作品ではだんだん成長していくのですけれど、
この杉山さんの成長は
まさに亀の如くでして、
その辺りも特筆すべきかと思われます。


爽やかな青春ものをお探しの方はどうぞ。

(全6巻)


かっちぇる 1 (月刊マガジンコミックス)

かっちぇる 1 (月刊マガジンコミックス)

  • 作者: かわくぼ 香織
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/06/17
  • メディア: コミック



タグ:かっちぇる
nice!(0)  コメント(0) 

その後のゲゲゲの鬼太郎(水木しげる) [扶桑社]

現在でもアニメが好評放映中のゲゲゲの鬼太郎ですが、
夢子編(第三期)くらいから見ている方だと、
原作漫画を読むとびっくりされるかも知れません。

先日放送が終わった墓場鬼太郎のような
残酷でシュールかつユーモラスな話が多く、
颯爽と武器を使い仲間と一致団結して
悪い妖怪と戦うのは少年漫画誌連載分くらいだったりします。

本作はその中でもさらに異色というか異端であり、
アダルト&脱力的世界観が繰り広げられています。

中でも
本作もレギュラー出演のねずみ男が
猫娘と最後の決着をつける話などは
ダークな面白さがありました。

ある意味イメージが違ってしまうような作品ですけれど、
鬼太郎人気に乗じて再販して欲しいと思っております。

sonogo.jpg

その後のゲゲゲの鬼太郎 (1) (扶桑社文庫)

その後のゲゲゲの鬼太郎 (1) (扶桑社文庫)

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 1995/05
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

少女ファイト(日本橋ヨヲコ) [講談社]

バレーボール漫画好きとしては、
久々に期待できる作品が登場しました。

基本設定自体は
好選手だった姉が事故で死んだとか
幼馴染との三角関係など新味に欠けており
周辺も理事長の息子とか何だかなぁという感じなんですけど、
話と絵柄に勢いがあってなおかつ熱いので
読んでいてとても面白いです。

三巻なんて本筋に入る前なのに脱線しており、
覆面地下賭けバレーボールなんて引いてしまいそうな内容にもかかわらず、
読んでいると楽しめるから不思議です。
これも肝心のバレーボールの場面を
しっかり描けているからかなと思います。

登場人物の名前が古風(志乃とか)なのも個人的には好みです。

ただ、4巻が通常版と特装版の二種類なのはいただけません。

この商法は「二十世紀少年」CD付きや
「攻殻機動隊2」マウスパッド付き頃から目立ち始め
今では珍しくも無いやり方なんですが、
本作のは書き下ろし漫画が付いてるだけに
買えないと辛いというか・・・。

それぞれ表紙の絵柄が違うのは、
ちょっとたちが悪いと思います。


少女ファイト(1) (イブニングKCDX)

少女ファイト(1) (イブニングKCDX)

  • 作者: 日本橋 ヨヲコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/07/21
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。